読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事の超プロが明かす評価基準

 

人事の超プロが明かす評価基準

人事の超プロが明かす評価基準

 

読んだ。社長に読めって言われたので。。

うちの会社も社員数が増えてきたので、人事評価制度を見直して組織化を進めないと……という時期に来ている。

で、今後給与にも差がどんどん出てくるから、社内で揉めないためにも評価制度をちゃんと作って、、ということを考えていてのこの本。

 

私はずっと「人から評価される」というのにマイナスなイメージがずっとあって、「人事評価制度」なんて無くていいのに、と恥ずかしながら思っていたりした。仕事のノルマとかと一緒かな。それがあることで「逃げたい!」って条件反射で思ってしまうというか。

でも、評価制度があるっていうのは、評価される側にも明確な目標や道筋が見えることになって、凄くいい事なんだなーと思ったよ。どんなことをしたら評価されるかわからない、と悩む人への答えになるし、ここを頑張ればいいんだ!という目安にもなる。

わたしも仕事をしていて、「ここまで首を突っ込むのは出しゃばりすぎかな」とかモヤッとしたままの部分があったから、社員一人ひとりに求められていることが明確になるのはとてもいいことだと思った。

 

実際いまは社長がひとりで全員の評価をしてる。また来月ひとり増えることが決まったし、そろそろ今のかたちは無理が出てくると思う。

私も同じチームのひとを評価することになるかもしれない。年上の男性の部下もいたりして、いらんことで社内がギスギスしないためにも、整備していくことが大事そうだ。

 

しかしこの本では、どの会社にも共通する各役職や年齢で評価基準にすべきコンピテンシー(=行動規範)を合計45個、具体的に書いてくれているのだけど、自分には足りないものばかりだなーと実感。

今自分は半人前のチーフみたいな立場だけれど、チーフに必要とされている「動機付け(=チームをやる気にさせる技量)」も「カスタマー(=顧客満足度の向上)」もできていないなと思う。

逆に「問題分析」「改善」あたりはかなり日々やってる気もする。こうしてみると、コンピテンシーの達成度合いによって自分の仕事の仕方が見えてくるな。

 

こういう本(ビジネス書?)って面倒くさくて読む気にならないのだけれど、読むと面白いなぁと思う。そして勉強になった。

恐らく来期からは、この本を参考に評価制度を刷新して運用するはず。みんなが今よりもっと働きやすくなりますように。

あめふり

明け方学生時代の部活の夢を見た。

起きた時に泣いていて、10年以上前のことで未だにこんな風になるのか、と思った。なんでこんな夢見たんだろう。現実逃避かな。

 

もうちょっと、頑張りなさい。と自分に活を入れたい。昨日友人に言われたことだけど、気が乗らないこと、やりたくないこと、もう少し受け流せるようにならないと、ダメだな。頑固すぎる。

出来るだけ夫の気持ちに寄り添ってみよう。母親になりたいんだ、わたし。そのためには、もっとがんばらないと。

 

広告を非表示にする

逃げ癖と諦め癖

逃げ癖、諦め癖がある。問題に直面すると、それに立ち向かわずに楽なほうに逃げてしまうんだ。

それが原因で多くの友人を失ってきた気がするし、今の夫婦の状態になってしまっているのだろうなと思う。

 

高校のときはよく学校をサボっていた。午後の5時間目だけ授業を受ける日なんかも多かった気がする。

まっすぐで健全な思考を持つある友達は、「学校を休むっていう発想が私はそもそもない」と言っていて、凄いなぁ、行きたくない日もあるのによく出来るなぁ、と思っていた。

高校を卒業してからも同じで、色んなものごとと関わっては疎遠になりながら今まで生きてきたと思う。

自分や他人に対する責任を全うしないで、粗末に扱ってきてしまった。

 

今の仕事が続いているのは、辞めることに対する責任と、続けることに対する責任を比べて、続けることのほうが自分にとってラクだったからなんだろうと思う。

気が向かない案件もクレーム対応も、やらないことのほうが面倒になることがわかるから、なんとか対応しているんだろうな。

 

こんなことを書いたきっかけは、先日友達が、「私は結婚した瞬間から離婚のことは頭にない」と言っていたから。

「誰が相手でも、そんなにすぐ投げ出していたらうまくいかないよ。もっと、今の状態をどうしたら改善できるかに目を向けなよ。」そんなメッセージがその言葉には込められているのだろうなと思う。

その通りだと思うのだけど、でも、それに意味はあるの?三年間で終わる高校と違って、結婚生活には終わりがない。子供を持つためのタイムリミットもある。頑張る場所が間違っている、ということにはならないのか?という気持ちが、どうしても浮かんでしまう。

 

できるだけ客観的に考えると、今のどちらにするか決めかねている状態が、一番馬鹿らしい気がする。なんとしても改善するんだ!と決意して動くか、さっさと別れて前を向くか。毎日に不満を抱きながら何も行動しない今の状態は、一番人間としてつまらないし、賢くないような気がする。

広告を非表示にする

脱関東

f:id:shauu:20170307140853j:image

大切な友人の結婚式があって、月曜日に休暇を取って一泊三日、関西方面に行ってきた。

三日間だけだったのだけど、久々に一人で遠出した。向こうにいる間じゅう、なんだか目の前がキラキラしていた。見慣れない町の景色もそこで出会う人たちも、新鮮だった。昨日家に帰ってきて、今日から出勤して、そうしたらなんだか、キラキラしたものがなくなっていって、気持ちが少しずつ暗くなってきて、なんだかなと思った。

そんなに楽しかったのかな。ないものねだりなんだろうな、とも思うよ。

 

また遊びに行こうと思う。

あのご夫婦二人も近所の人たちも、私には眩しすぎるけれど、あんな人たちと繋がっていられる自分でいたいなと思うよ。

 

本当は書きたい事いっぱいあるけど、まだいらんこと言っちゃいそうだから日を改めて書こうと思う。

広告を非表示にする

久々の色恋

久々に言い寄られた話。

 

仕事の付き合いで何度か打ち合わせしてるお客さんがいる。

その人は奥さんと二人でそれぞれ会社を経営していて、取引額の大きさもさることながら、ご夫婦二人とも優しくて、打ち合わせも和やかに進むとても好きなクライアントだった。

 

その人の事業柄、マンションの一室で二人っきりで打ち合わせすることも数回あったかな。ここ一年ほどはお会いしてなくて電話で仕事に関するやり取りをするだけだったのだけど、なんだか最近「また早く会いたいですね」とか、「話してると癒される」とか、そんな発言が増えてきた。初めはお客さんに気に入られててよかったな〜くらいにしか思っていなくて、「そうですね!ぜひ(仕事で)機会があれば」みたいな返事をしていたのだれど、後から思い返して「もしや」と思うようになった。

で、昨日ついに「LINE教えてください」「飲み行きましょう」「10分でも5分でもいいから会いたい」という感じで、グイグイと来られてしまった訳なのだ。でも、勿論そんなのに乗るほど馬鹿ではないので、そのことは大した問題ではない。

そんなことよりも問題なのは、その冴えないおじさん相手に、私の気持ちが少しときめいてしまったことだ。そのことに少し絶望ですよ、そんなに飢えているのか、私は。満更でもない気持ちになっている自分を俯瞰して、いやいやいや、バカなのか、と。

 

で、なんでそんな風に感じちゃったかなー、と考えた時に、久々に男性にちやほやされたことで浮かれたのもあるけれど、まぁ私もその人のことを割と好きなんだろうな、と思った。

その人はお客様なのに、とにかく変に気を使わなくてよくて、話していてなんだか楽な人だった。子持ちの人なのだけど、すごくシャイで口下手で、なんだか小学生の男の子のような、そんな雰囲気のある個性的な人だ。

で、そんな風に考えた時に、なんとなくその人と夫に似たところがあることに気付いて、「ああ私って結局こういう趣味なんだな」と虚しくなった。

 

前に別のクライアントに、「君はオラオラした人は選ばずに、自分でコントロールできそうな相手を選ぶタイプなんだろうね」と言われたことがあり、ほんとにその通りなんだな〜と。(私はお客さんと一体何を話しているんだろう) 

人をコントロールなんて、できないし、しようとするもんじゃないよな、と思う。こうやって生きてしまったから、中々変えることは出来ないような気もするけれど。

 

そんなはなし。

言い寄られた、というのはちょっと盛った言い方な気もするな。

広告を非表示にする

ミツメについて語る

f:id:shauu:20170221205046j:plain

すきなバンド、ミツメについて語る。このまえシェルターのどついたるねんとのツーマン行ってきた。来月はnestのワンマンにいく予定。

思いつくままに徒然なるままに書く。

 

ミツメとミツメギャル

ミツメはミツメギャルなる言葉が産まれるほどファンの子がかわゆい。ライブに行くとかわいい子が多くて浮いている気がする。ブランドでいうとマリメッコやミナペルホネンやマーガレットハウエルのイメージ。街でいうと代官山のイメージ。

シャムキャッツceroや王舟などあの辺りの人たち、が集う阿佐ヶ谷Roji近辺出身のイメージだけど、ミツメとceroはその中でもオシャレ度が高いと思っている。物販もかわいいから欲しくなる。

キャップ可愛いけど8,000円て。トートバッグは買いました。

ミツメギャルは本当にかわいいので、出来れば私もなりたいけど、なんか違う感じになるから無理そうです。

mitsumeband.stores.jp

 

 

ミツメと初期

聴きだしたのは5年前くらいか。タワレコで視聴してそのままCDを買ったと思う。

その時聴いた1stの1曲目、クラゲという曲。今でもとても好きな曲で、人気も高い曲だとおもう。

 


クラゲ / ミツメ

 

初期の曲はタートルネックにPコート着てそうな、なよっとした草食系男子っぽい(褒めてる)音楽。お気に入りの喫茶店とか文房具屋とかありそう。ちょっとポエミーな女子にウケそう。当時の自分のことです。

 

ミツメと最近

初期の曲は上のように女の子受けしそうなノスタルジックな日本のインディーズという感じだったのだけれど、その後は海外の音楽っぽい路線に進む形で変化していった。

音楽くわしくないからよくわからないんだけど、こういうのなんて言うんだろう?シンプルな音だけどカッコ良い感じになった。


ミツメ - めまい

 

ギターもベースもドラムも、どの音もとっても気持ちよい。聴いてて、音そのものを楽しめる感じがすき。

 

初期の雰囲気がすきだったファンは今の音も好きなのかはわからないけど、今の方が格段にカッコいいと思う。この路線にいったことで間違いなく男のファンが増えたと思う。ライブだとカップルが多いかな。

 

ミツメとライブ

ライブでは、基本「ありがとう」しか言わないし、なんかうっとりした目でステージを見つめるミツメギャルもいるし、盛り上がり曲はないし、つまんないかなーと思ったけど、行ってみるとすごく楽しい。ベースとドラムとギターの音を聞いてるだけで楽しい。なつやすみバンドでも同じ感覚だった気がする。


ミツメ - 天気予報 @ mitsume plays "A Long Day"

こういう音楽はCDでいいや、と思っている人いたら、ライブもオススメですよ、是非。

 

まとめ

最新のアルバムがめっぽうカッコいいのと、久々のライブが想像以上に良かったので書きました。ミツメ、若いのにオシャレだなー、と、おばさんは思うわけです。ぜひ聞いてみて下さい。


ミツメ - あこがれ

平穏な毎日

最近は仕事と夕食作りの繰り返し。

ここ二年くらいずっとごはんは外食で済ませていたのだけど、引っ越してキッチンが広くなったことと、貯金したいなぁと思ったことから、夕飯だけは作るようにしている。

料理は全然できないので毎日クックパッドと相談ですが、食材は土日に3000円分買いだめ。食費は月末に半額夫に請求、というサイクルでやっている。

肉が少ないと気持ちが萎えてしまうから、お肉が安いスーパーが割と近いところにあって助かってるよ。

 

夫との関係はひたすらに平行線。会話はあんまりないけどギスギスはしていないと思う。

夫は最近毎日ゲームをやっているのだけれど、多分バイクも売っちゃって、ひとつの大きな楽しみがなくなっちゃったんだよなと思う。私が洗濯をしたら洗濯物を干すのを手伝ってくれたり、お皿を洗ってくれたりするので、不満は何もない。

 

貯金したいなと思ったのは、以前別居した時のように、急な出費にも対応できるようにしていたいから。よく2ちゃんまとめなんかで「お金がなくて別居できない」なんていう報告者がいるけれど、それは避けたいなぁと思う。

もちろん夫婦としてうまく行った時の出産育児のため、というのもあるけれど。

いずれにせよ、会社の雰囲気も今が稼ぎ時感があるので、体が仕事についていける今のうちになんとか蓄えておかないといけないと思う。

 

今は夫との関係は本当に「同居人」という感じで、残念ながらいてもいなくてもあまり変わらないという感覚なのだけれど、前の「一緒にいられない」という所から考えると随分と進歩したのだと思う。

出産のタイムリミットはどんどん近づいているけれど、正直どうしていくべきか、考えることから逃げている気がする。今平穏な毎日を過ごせているから、それを崩したくないのかもしれない。

そのことについては、また書こうと思う。

広告を非表示にする