夫婦のこと

年始ですけれども

年末年始で引越しが完了した。 家は広くなって、収納も少し余るくらいでとてもよかった。 年始は向こうの実家に挨拶にも行かず、美容院とネイルサロンに行った。 ずっと背中くらいまである長い髪だったけど、肩上までバッサリ短くして、少し気分が良い。 先…

実はわたしがアスペルガー

昨日の夜はとにかく体調が悪くて、頭痛と吐き気がおさまらなくて眠れなかった。 あまりにも辛くて体温計を探したのだけど見つからず、どっかに落としたかなと思い本棚の下とかを見たら、夫が読んだのであろう本が出てきた。 (ちなみに夫は、先の喧嘩でよほど…

帰宅1日目

自宅に帰った。 2ヶ月ぶりの帰宅は、途中で厚手のコートやスーツなんかも取りに帰ったせいで、初めに家を出た時よりも随分荷物が増えていた。 なんとかスーツケースに沢山のものをぶら下げて持ち帰ることが出来たけど、久し振りの家は案の定すごく汚くて、洗…

新居の契約

久し振りにブログを書く。 結局あのあと夫から「やっぱり早く引っ越そうか」と連絡があった。私の意見を尊重するよ、と。 今日は、2人で不動産屋にいき、物件を申し込んできた。 今より駅から離れるけれど、家は広くなる。年内か年明けに引越しの予定。 ここ…

眠れないよる

さっき夫から電話がかかってきた。 内容は、引越しのことだった。 以前話し合いをした時に、今の1Kの自宅からもう少し広い家に引っ越そうと話をした。 あの狭い家ではうまくやる自信が無い、あの家には帰りたくない、と私が言ったからだ。 引越しをして、そ…

別居、第二ステージ

移転先のマンスリーの契約をした。 これが最後だと思う。 1人は居心地がいいけれど、これ以上は引き伸ばしてもいい事がないと思う。 ちゃんとケジメつけて、来年からはちゃんと二人で生活できるようにしよう。 夫と話してから、わたしは我が儘だよなぁ、と思…

夫の変化

夫との話し合いを終えた。 夫は、変わるように、努力をしていた。 個別カウンセリングを受け、社長と話し、セミナーに行き、本を読んだ。全ての人が同じことを言っていることに気付いて、夫もいろんなことを思ったようだった。 「自分が自己受容できていない…

土曜日なんて来る訳ない

なんかよくわからない記事ばかり書いていたので、ちょっと適当に文章を書く。 明日は、夫と話し合いをする日だ。 夫は「また当日のことを連絡するよ」と言っていたけれど、今日は連絡がなかった。とりあえず、9時くらいまでに起きれば問題ないかな。 さっき…

NOと言えなかった私

NOと言えなかった私 (コミックエッセイの森) 作者: 武嶌波 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2016/04/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る きょう読んだコミックエッセイが偶然にも随分自分の状況とリンクしたので、TSUTAYAに返却…

自分の目標とは。

この前、会社の顧問カウンセラーの紹介でアンガーマネジメントのセミナーに行った。 経営者・経営幹部向けのセミナーだったのだけど、私のためですか?というくらい今の状況にぴったりな内容だった。 最後の質問タイムでも夫婦のコミュニケーションについて…

別居後の変化

別居してから、夫への苦手意識・拒絶反応がみるみる悪化していて中々ひどい。 夫と3人で食事でもどうか、と社長に誘われたけれど、どうしても無理で、作り笑顔で断ってしまった。 これでは別居しない方がまだ良かったのではないかと少し思っている。 この前…

夫婦カウンセリングまとめ - 三者カウンセリング

夫婦カウンセリング三部作。前回の記事の続き。 夫のカウンセリングが終わる時間に戻ると、中から夫とカウンセラーの笑い声が聞こえてきた。 どんだけ楽しくカウンセリングしてんねん、と思いつつ、こういう場で明るい空気を作ることは私には出来ないなぁ、…

夫婦カウンセリングまとめ - 個別カウンセリング

先週行った夫婦カウンセリングの詳細について書いておこうと思う。忘れないうちにね。 今回選んだカウンセリングルーム 行ったところは「夫婦カウンセリング」で検索して、広告で上に出ていたところ。 作り込まれたランディングページを見てとくに悪い印象は…

大きな子ども

昨日の夜家に帰ったら、テーブルの上に花が置いてあった。しかも胡蝶蘭。 「お互いつらいから、少しでも仲良くなれるようにと思って」と夫がいう。 つづけて「カウンセリングありがとう。高かったよね。あれで凄くラクになった。」「もし大丈夫になったら、…

別居にむけて

仮住まいのマンスリーマンションの契約をした。会社から徒歩10分くらいかな。 マンスリーマンションは電話とメールだけで契約が完了すること、事故物件が多いということ、家具家電付きでも布団は別途有料の場合があること、などなど、色々勉強になりました。…

愛し愛されて生きるのさ

昨日夫は体調不良で仕事を休んだ。 すぐに休む私と違って、夫が休むのはとても珍しい。 カウンセリングが相当堪えたのだと思う。 自分の中で処理しきれない問題に直面して、夫はその問題と戦っているのだと思う。 今まではこういう風になると、その後に気持…

夫婦カウンセリングを終えて

このお休みで夫婦カウンセリングに行ってきました。 カウンセリングが終わってから、とにかく疲れてひたすら睡眠をとっているのだけど、とにかく頭がいたい…。 明日からまた仕事なので、これから実家を出て家に帰ります。 結局、1ヶ月ほど離れて暮らすことで…

両親に報告と、その反応

結局実家に帰ってきた。 両親は色々と察してくれていて、ようやく私も色々と現状について話すことができた。 父は、このままだと体を壊すから、早めにケリをつけた方が良い、と言った。 母は、私の実父が同じようなタイプだったと言った。離婚する前、よく「…

こじれにこじれて

もう何も残らない。 今日の夜、夫からの追い討ちメール。 読んだ瞬間に吐きそうになるという。 私のぐちゃぐちゃな気持ちを受け止めてくれた友人に、感謝。 今はだいぶ落ち着いた。でも、顔も見たくない、という気持ちが強い。 ちょっと一緒に暮らすのは無理…

どうしてこんなことになっちゃったんだろうな

昨日は仕事が忙しかった。 仕事を終えて職場を出たのは23時過ぎで、家に着いたら午前をまわっていた。 とにかく早く横になろうと思ってたんだけど、夫が「話がある」と。話し合いが始まってしまった。 夫はたぶん我慢ができない。だからなのか、三連休最終日…

実家に帰る三連休

ここ何日か、ブログを書こうと思っても何を書けばいいかわからなくて更新が滞ってしまっていた。 夫との話し合いでもそうで、いつも私はなんといったらいいのかわからなくて口を噤んでしまうことがある。 一昨日の夜、私との生活が限界だという夫とすこし話…

私ができること

夫が「とりあえず本を買ってみた」と私に言った。 そんなすぐに、行動に起こしてくれるとは思わなかった。 そのあと久し振りに、二人で互いを責めあう以外のまともな会話ができた。 随分とフラットな気持ちで夫と会話をすることができた。 ずっとずっと憎く…

昨日の話し合いまとめ

昨日の話し合いは、スマホで録音してみた。 いつも話し合いの後に「私が悪いのかな」と悶々としてしまうので、言ったこと・言われたことを振り返るためにも。 そんなこんなで、昨日はこんなことを話しました。いつもよりも辛辣に夫のことや自分の気持ちを書…

棚からぼたもち的カウンセリング

昨日、会社の顧問カウンセラー(?)のような人と、面談があった。 うちのような小さい会社で、こんな人と契約している会社はそうそうないだろうな、と思う。 実際には芸能人やスポーツ選手がクライアントに多いらしい。 今回のような社員とカウンセラーの個…

許せない自分と、やるべきこと

今のわたしは「許せない」という気持ちが先行して、自分が今後どうしたいとか、そういうことが把握できていないと思う。 結局わたしは「俺が悪かった」って認めさせたいだけじゃないのかな。 これじゃダメだよね。 ちょっと考えを整理するために、頭の中のも…

今後の選択肢

今日は運転免許の更新。 東京での免許更新は初めてなのだけど、日曜日もやってるし、鮫洲は近いし、都バスは新鮮だし、割と楽しかった。(免許証の写真が現実を突きつけてきた以外は…) 昨日は、一緒に過ごす約束をしていたから、映画を見にいった。 なんか、…

類は友を呼ぶ - すり減る自尊心

今日高校時代の友人から連絡がきた。 その子は入籍してまだ半年の新婚さんなのだけど、夫に言われたことが悲しかったと。 言われた内容について聞いてみたら、アレ?なんだか…。 そこでもしかしてお仲間…?と思って詳しく聞いたら、出てくる出てくる共感の嵐…

何もしなくていい祝日

シルバーウィーク真っ只中。 一昨日から、夫とあまり会話をしなくても良くなって、精神的に物凄くラクになっている。 これって結局家庭内別居ってことじゃないのか、とか、ただの私の我が儘だよ、とか、自分のしたことがお互いにとって良いことだったのかど…

付き合うと相手が病む件について

過去の恋愛を振り返ると 私と付き合う人は大抵病んでしまうことが多かった。 別に付き合った相手みんなに包丁を突きつけられたわけではなくもっとライトなものだけれど、なんだか関係がうまくいかなくなると、相手の顔色が悪くなったり、痩せてしまったり、…

平日は夫婦別行動・干渉しないルールを設けました

平日は、夕食をどうするとか、何時に帰るとか、そういうことをお互い干渉しない、という取り決めを行いました。 とても、嬉しい。 ルールを作った理由 このことを私は全く考えていなかったのだけど、一緒に夕食を食べていて本当に息が詰まってしまって、「な…