読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫に対して「何かおかしい?」と感じる瞬間

夫婦のこと

私はわからないことはすぐにネットに相談!してしまう癖がある。

結婚してから、「どうして私の気持ちが夫に伝わらないのだろう」と悩んでいたときも、色んなことをネットで調べた。

その中で発達障害とかモラハラとか、そういうことを目にする機会が増えて、色々と調べてきた。

発達障害の特徴」とか「モラハラの特徴」とか、色んな人の体験談を読んできたけど、どれも夫に当てはまる箇所もあれば、当てはまらない箇所もあった。私にだってモラハラに当てはまる箇所はいっぱいあったし、調べているうちに、「もしかすると私がモラハラになっているんじゃないか」と考えたりもした。

最終的には、やっぱりどのケースでもなさそうだと結論付けて、お互いに頑固で思いやりに欠けてしまっていることが原因なのだろう、と思った。

 

私からみた、夫の考え方の特徴

それから夫と生活をしていく中で、夫が何を考えているのか、どのような気持ちなのか、思考回路を注意深くみるようにしてきて、少しずつ傾向みたいなものが、わかるようになってきた。

例を挙げると、こんなパターンのエピソードが、よくあったと思う。

 

自分が心から納得しないと実行できない

例えば、ナイフとフォークの話。

彼は食事をする時に、ナイフを左手で、フォークを右手に持って食べる。その方が、右手でそのままお肉を食べられて、食べやすいかららしい。

直したほうがいいよ、と伝えたけれど、「誰にも迷惑かけていないし、自分はこのほうが食べやすいし、左利きの人だってこうするんだから、何も問題はない」と言って不機嫌になってしまう。

その後、「レストランに言った時に、自分や周りの人が、恥ずかしい思いをしちゃうかもしれないよ」と伝えたら、「確かにそれはあるかもしれない」と少し納得してくれたようだった。

家やファミレスでは今でも逆のままだけど、それ以外のレストランなどでは、最近はちゃんと持つようになってくれた。

 

人の言葉の一部分に過剰に反応して、捉え違いをする

例えば、職場の話。朝礼の時に社長が

「近年、自社の見込み客である中小企業や個人事業主の数が減っている。うちの競合会社も淘汰されてきていて、本当に良いサービスを提供する価値のある会社しか残らなくなっている。このままじゃうちも危ないけど、投資した事業が伸びている兆しもあるし、頑張りましょう。」

という話をしたとする。

普通に聞くと「最近厳しいもんな。でも、うちはなんとか生き残ってるし、投資した分伸ばせるように今まで以上に頑張らないとな」で終わるくらいの話かなと思う。

でも、夫が聞くと、何故か「いい仕事が出来ていない社員が悪いっていうことか!」という解釈になってしまう。

これはもう、なんでそうなってしまうのか謎すぎて全然わからなかったけど、恐らく、

「価値のある会社しか残らない」「うちも危ない」この2つのキーワードに過剰に反応してしまったのだと思う。

とりあえずその時は、「そういう風には聞こえなかったけど…むしろ、『伸びてきてるし期待してるよ』っていう前向きな意味じゃない?」と訂正した気がする。

 

自分の予定通りに進まないと、混乱する

これが一番、彼が我を忘れるほど怒ってしまうケースに繋がりやすい原因だと思う。

例えば、余裕をもって17時頃に家を出たいね、と話をしていた時。

16時58分頃にトイレに行きたくなって、まぁ予定の場所に到着するには15分以上余裕があるし、少し遅れても大丈夫だよなと思って、行ってきてもいい?と聞いた。

彼はいいよ、と言って、結局17時05分頃に家を出たのかなと思う。

家を出たくらいから、彼の態度が苛々したものになってきて、私はなんで怒ってるのかわからず、それに対して相手の怒りがヒートアップして、、ということがあった。

 

結局その時の喧嘩は相当こじれて、結局私の実家が介入するという、ものすごい泥仕合にまで陥った。

彼の中では、既に予定のプランが作られていて、その通りにいかないことが凄く苦痛だったことが原因らしい。

私は、そのプランについては全く聞いていなかったので、正直「知らんがな」という感想にしかならなかったのだけど、悪びれない私の態度に更に苛々して、という悪循環になってしまったようだった。

 

他の意見を理解できない・他の視点が思いつかない

挙げてきたようなことに対して、どうやって対応するべきか悩んでいたのだけれど、夫婦喧嘩を繰り返してきて、「彼はわざとやっているのではく、純粋に、真面目に、わからないだけ」だということに気づいた。

本当に素直で真面目な人なんだけれど、圧倒的に、視野が狭いというか。なんだろうな。

 

ナイフとフォークの件も、そうする必要性が理解できないんだと思う。「みんながそうするから」では、納得できない。

社長の話の件も、「いつも社員を馬鹿にした発言をしているから、今回もそういう意味のはずだ」と考えてしまっている。

予定の時間の件も、「なんで約束したのに守ってくれないんだ!」と思ってしまう。

だから、悪気もないし、本人は頑張っているんだと思う。多分ね。

 

それでも、やっぱり怒鳴られた方は苦しいし、本人もこのままだと損することが多いのではないかな、と思う。

 

この辺りまで考えが進んだところで、ネットで改めて「アスペルガー症候群」の記事を読んで、これかもしれないと思ったのが最近。

また、そのことについて記事をかこうと思う。