読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫はアスペルガー症候群?

夫婦のこと

きっかけは「伝わらない」こと

夫と喧嘩を繰り返すたびに、「なんで二人で仲良くしたいっていう私の気持ちが伝わらないの?」という気持ちで埋め尽くされた。

二人で穏やかに暮らすことより、彼は自分の主張の正しさを通すことの方が大事だと思っているように思えて、凄く悲しかった。

 

アスペルガー症候群の特徴

そんな時、ネットでアスペルガー症候群の説明を見た。

一時期からいきなり名前を聞くようになったよね。私の中では「空気を読めない」「言外の意図を汲めない」そんな人のことを指す言葉、という認識だった。 

 

アスペルガーの特徴、として書かれていたのは、下記のようなこと。

  1. 会話の裏側や行間を読むことができない
  2. 場の空気を読む事が苦手で、突拍子もない発言をしたりする
  3. 特定の物事への強いこだわり
  4. 急なハプニングや予定変更に弱い
  5. 運動、特に球技やチームスポーツが苦手
  6. 感覚過敏 

これ、夫のことですやん。と思ったね。思ったよ。

 

1.会話の裏側や行間を読むことができない

良くある。例えば仕事で営業の電話がかかってきた時とかも、セールスマンの話を鵜呑みにして「凄く良い話!」と勘違いしてしまうこととかある。

ちょっと違うか?とにかく、言葉を額面通りに受け取る。

前回の記事で書いた社長の話もそうだけど、人の話を捉え違えてしまうことも多い。

2.場の空気を読む事が苦手で、突拍子もない発言をしたりする

よくある。とてもよくある。

飲み会で、女の人に「お淑やかにしてれば綺麗なのに」って言っちゃうとか。

本人は悪気がないんだよ。

3.特定の物事への強いこだわり

これは、うーん。強いて挙げるとすると、趣味のことかな。趣味のことについては、とにかく物凄く詳しい。ずーーーっとそのことについて考えたり調べたりしてる。ここ数年、毎日。

4.急なハプニングや予定変更に弱い

これが彼の怒りポイント。

実際に約束してなかったとしても、彼の中の「予定」に組み込まれていたとしたら、それが計画通りに進まないとイライラ→激怒、になる。

5.運動、特に球技やチームスポーツが苦手

あまり一緒にスポーツをしたことがないけど、「運動神経が悪くて、特に球技やチームスポーツが苦手」という言葉をそのまま聞いたことがある。

体育会系の縦社会とか見るのが凄く苦手らしい。

6.感覚過敏 

これは当てはまるかわからないけど、普段から鼻がいいなぁと思ってる。(私が鈍感なだけかも)

あとは、隣人の騒音に厳しい。隣の家の飲み会の声が五月蝿い時に警察に通報したと言っていて、ちょっと引いた。

 

夫がアスペルガーだったとして

上の特徴に夫は物凄く当てはまっているような気がする。

でも、アスペルガー症候群だったとしても、確かめる方法はクリニックで診断してもらうしかない。

(ちなみに、私がAQ Test Jp - ケンブリッジ大学アスペルガー指数テストという診断で夫を診断してみたら、35点だった。 ※32点以上で可能性あり)

「あなたアスペっぽいから病院いこう」って言ったら物凄く怒りそうだし、そもそも本人が問題意識を抱えてなければ、行ったところで意味がない。

 

でも、もし私たちの問題の原因がそこだとしたら、うまくやる方法は必ずあるはずなんだよね。

アスペルガーに夫婦で向き合って、離婚寸前から仲の良い夫婦にまでなった事例も沢山あるみたいだった。

 

と、いうことで。

正直本当にそうなのかはわからないけど、もしかしたら何か改善の手がかりになるかもしれないし、アスペルガー症候群について勉強することにしました。

 

今色んなサイトを見たり本を読んだりしているけど、あるサイトに書いてあったこの一節がとても心に響いた。

感情の共有が出来なくて分かりにくいけれども、素直で真面目なので、大声で怒ったりしていても妻への信頼は変わりません。付き合いにくくても、信じてあげてください。

アスペルガー症候群の夫より

そう、わたし、彼の素直で真面目な所が好きだったんだよな、と思いだした。

なんでか、忘れてたんだよ、その気持ち。