関連書籍を読んで

胃が痛い。どうしたらいいんだろう。

一昨日の夜に実家に帰って、その時にいくつか本を読んだ。

 

夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本

夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本

 

 

 

一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために

一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために

 

 カトリンは凄いよ、私には中々こんなことはできない。

 

読んでいるうちに、「本人が一番苦しんでいるから責めてはいけない」という言葉だけが頭の中に残って、中々しんどかった。

本当は実家で両親に相談しようと思ったけど、本を読んでたら、まだ私に出来ることがあるんじゃないかと思って、言えなくなっちゃったんだよね。

 

本当にアスペルガーだったとしても、そうじゃなかったとしても、まぁ、今後生きにくいことは確かで。

幸せで穏やかな生活が送れる可能性が低いことは確かで。

でも、わかんないな。

 

昨日「結婚ってそんなものなの?意地はってるだけじゃないの?」と私に言ってくれた人がいて、その通りだとも思ったよ。でも、やっぱり婚姻関係というのは、大きいと思うよ。

 

私がこんなこと考えているなんて、思いもしないんだろうな。

でも、今って愚痴を聞いてもらって自分を保っている状態だから、本当になんとかしないと、ダメだな。

これが世に言う、デモデモダッテなのだろうか。自分のことになると、合理的になれないな。

広告を非表示にする