読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦カウンセリングを終えて

夫婦のこと

このお休みで夫婦カウンセリングに行ってきました。

カウンセリングが終わってから、とにかく疲れてひたすら睡眠をとっているのだけど、とにかく頭がいたい…。

明日からまた仕事なので、これから実家を出て家に帰ります。

 

結局、1ヶ月ほど離れて暮らすことで話がまとまった。

今は仮住まいを探していくつか問い合せたところ。来週には引っ越したいと思う。

それまでに夫は、もう何度か一人でカウンセリングを受ける流れになった。

ただ、「1人で一度考えてみたい」と次のカウンセリングの予約はいれなかったので、どうなるかわからない。

一人では色々なことに気がつくのは難しいから、ちゃんとカウンセリングに行ってくれることを期待している。

 

カウンセリングの内容は詳しく書く気力がないのだけれど、身のある内容だったと思う。

夫はカウンセラーと話すことで、私の考えやすれ違いの原因を、少しは理解してくれたようだった。

 

夫婦カウンセリングの前にアンケートのようなものに答えた。

「なぜ今の相手を結婚相手に選んだか?」という問に対して、夫は「不幸そうだったので幸せにしたいと思った」と書いていた。

カメリアコンプレックスという言葉があるけど、夫はやっぱり、無意識に私のことを下に見ていたのかな。

私が仕事で自信をつけて、彼に頼ることもなくなって、それがつまらなかったのだろうか。

 

カウンセラーが話したこととか、夫に伝わるように翻訳してくれた私の言葉とか、いっぱいあった気がするけれど、もう忘れつつある。

私もダメだな、頭がぼーっとして、思考能力が落ちてるな。

 

とりあえず現状はそんな感じ。

カウンセリングでは、私がすべきこと、のような話は出なくて、夫が今後どうしていったほうが良いか、という話ばかりだった。

私が何かをする必要がないのか、カウンセラーが私の状態を見て、まだ何かする気力がなさそうと判断したのかはわからない。

でも夫にばかり望まずに、私も出来るだけ、前向きな結果が出せるように、この1ヶ月は自分に向き合っておかないとと思う。