読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別居、第二ステージ

夫婦のこと

移転先のマンスリーの契約をした。

これが最後だと思う。

1人は居心地がいいけれど、これ以上は引き伸ばしてもいい事がないと思う。

ちゃんとケジメつけて、来年からはちゃんと二人で生活できるようにしよう。

 

夫と話してから、わたしは我が儘だよなぁ、と思って、ずっとマンスリーマンションの契約をすべきか迷っていた。

 

一ヶ月前は、本当に夫に対する恨みつらみが酷くて、一緒にいるのなんて有り得ない、というほどだった。

でも今は、夫と一緒にいるのは耐えられない、というほどではないと思う。

会社でも、ある程度業務上の会話をするのもなんとかなるし、姿が見えるだけで気持ちが落ち込むようなことはなくなった。

だから、きっといま家に戻ったとしてもなんとかなったのだろうと思う。

 

それでも家に帰らないという選択をしたことは、やっぱり私の我が儘だよなと漠然と感じていた。

私が悪い、と自分を追い詰めているわけではなく、なんとなく客観的に。

 

とはいえ、二人で同じ方向を向いて頑張る、というイメージがどうにも湧かず、私の中で「うまくできる」という自信がなかったから、結局契約したのだと思う。

契約書を送っても、あまり気持ちのいい気分にはならなかったけど、もう少しだけ、自分の気持ちを踏ん切るための時間をもらえたらなと思うよ。